イトプリ > イトプリコラム

イトプリコラム

効果が出るチラシ作り3つのポイント


こんにちは、イトプリ担当です。今回からコラムを書いてみようと思います。
初めてなのでイトプリでも一番たのまれるチラシについて書いてみます。
どうぞ最後までよろしくお願いします。

印刷物としてまず思い浮かぶチラシやフライヤーは  
とても身近な宣伝ツールとして認識されています。

手軽でコストも比較的安く、昔から 有効な宣伝ツールとして生活に根付いていて、
配布方法も新聞折込を始めポスティングや街頭配布、 店舗配布、
封筒に入れてDMとしてなど様々な方法で配られています。 

 そんな身近によく見るチラシやフライヤーですが、
 発行するほうからしてみると効果がなければ、意味がありません。

 どんなチラシやフライヤーが消費者を惹きつけ効果があるのでしょうか?
 そこで注目を集めやすい効果的なチラシ・フライヤー作成には"
3つのポイント" があります。今回はそのポイントをお伝えします。

 あなたもこれを参考に、デザインを見直してもらい、 
実感できる宣伝効果のある魅力的なチラシやフライヤーを作ってもらえればと思います。

 

■その1 伝えたいことを明確にしよう!

チラシやフライヤーを作る時には、まず初めに伝えたい事をしぼって優先順位を決めましょう。

 「あれも伝えたい。これも伝えたい。それも伝えたい。」
 
「これも入れたい。それも入れたい。」

 これがチラシやフライヤーを作るときに必ず陥る「アレコレ症候群」です。
  伝えたいことがたくさんありすぎて結果として詰め込みすぎて、紙面はごちゃごちゃ!
 文字は小さくて、じっくり読まないと何が書かれているのかわからない。  

これでは、なかなか興味を持ってくれません。 パッと見ただけで、伝えたい内容がわかる
そんなチラシやフライヤーが理想的です。

 ですから、伝えたい情報を「主題・副題・その他」に分けて整理してください。

 例えば下記のように優先順位をつけます。
 ①大見出し(主題)
 ②小見出し(副題) 
 ③本文(その他)
 ④詳細情報(その他)

 優先順位の高い順に文字や写真の大きさを変えるとより効果的なチラシやフライヤーになります。

 

■その2 色をイロイロ使わない!

私たちは意識しないうちに「色」に心理的影響を受けます。  
色には感情を動かす力があり、想像力のスパイスになります。
 文字に比べて認識されるスピードが早い「色」 チラシやフライヤーを作る際、
色選びはとても重要です。 

青い丸と黄色の丸を見せて「どちらが柔らく感じますか?」と聞くと
 ほとんどの人が「黄色」と答えます。

 理由はわからないけれど、そんな風に「感じる」 色は心にイメージ効果を与えるのです。
例えば赤系なら健康的・力強いなど元気が出る色だったりします。
※この話はまた別の機会にお話しします。

 ということは、色を味方につけたなら、伝えたい内容を より伝わりやすくすることができます。
 一つのチラシ・フライヤーにたくさんの色があると、
情報量が多すぎて、また読み手が疲れを感じてしまう可能性もあります。
結果、どれも目立たない状態になり効果がでにくくなります。
なので、 メインカラー・サブカラー・アクセントカラーを決めると
 デザインのクオリティもアップします。
       

■その3 写真やイラストでイメージを補強!

伝えたいことに優先順位をつけて、
文字の大きさには メリハリを持たせ、画像も配置した。
 テーマカーラーを絞って、
色の持つ心理的影響も考慮した。

 それなのに、何だかちょっと物足りないってことあります。
 そんな時には写真やイラストなど「素材」を使って見てください。

 ピンポイントでイラストを使ってもいいですし、メインイメージとして大きく配置するのもいいです。
 ネット上にはたくさんの「素材サイト」がありますので、 
アイコンや季節のイラスト、面白いものからかっこいいものまで
 使いたいものが必ず見つかります。
そしてそんな素材を探すのが面白かったりします。 
*ただ楽しくて、素材をいっぱい使ってしまいメッセージがわからなくなるのにはご注意ください!

チラシ・フライヤーをたのまれるならこちらから

ページトップへ戻る

1